冬至 長い夜の厳かなあかり

明日から一転、昼の時間が一日ごとに長くなる。厳かな夜を過ごしながら、遠い春を思う。