五叟鐵太郎のアートを紹介します。

五叟は画家としてこれまで、尾瀬を描いた作品群をはじめ、西国三十三所、坂東三十三所などの「巡礼」をテーマにした作品も描いてきました。また、過去には「電気のある風景」をテーマに月刊誌へ表紙絵を提供してきました。最近では、花シリーズが東京電力ホールディングスのホームページで紹介されています。

尾瀬アート

太古からの自然が息づいている尾瀬。春から秋の尾瀬ヶ原や尾瀬沼などを歩き、描いています。作品は東京電力ホールディングスのホームページにも掲載されています。 東京電力ホールディングス...

詳しくはこちら

西国三十三所寺院

古事では1300年前の養老年間に草創された西国三十三所寺院の堂塔や境内を描いた作品群です。単行本「西国巡礼」のために描かれ、後に好評を博し、ジークレー(デジタル版画)としても提供...

詳しくはこちら

坂東三十三所寺院

鎌倉時代初期に成立したとされる坂東三十三所寺院の堂塔や境内を描いた作品群です。単行本「坂東巡礼」のために描かれました。 [gallery type="thumb...

詳しくはこちら

電気のある風景

月刊「電気情報」(現在:月刊電気現場)の表紙を飾った作品群です。風景の中に溶け込む発電所や送電線、配電電線、あるいは暮らしの中に灯る電気の明かりなどをテーマにしています。 ...

詳しくはこちら

風景点描

[gallery type="thumbnails" link="file" size="medium" ids=&qu...

詳しくはこちら

花シリーズ

花シリーズは、記念散華の制作や、尾瀬アートの一連作品の中で描かれたものです。着色前の線画はぬり絵のデータとして、東京電力ホールディングスのホームページにも提供されています。...

詳しくはこちら