雑草の知性と適応力

望まれない場所で生き延びようとする雑草。刈られ、踏まれ、コンクリートに覆われようと、自らは生存基盤を創り続ける。種は地下にあってたえず地上を窺い、芽は厚いアスファルトも突き破る。茎は踏まれるほど強くなり、切られても分散しつつ再生する。太陽と常に向き合い、地下に逃げ込むこともない。…彼らの知性や適応力に学びたい。逆境は決して敵ではないと。