ごそうプロフィール

ごそう鉄太郎 画文集作家

1959年東京生まれ。人生と旅をテーマにした作品づくりに取り組む。文筆・イラスト制作・編集までを一貫して手がける。出版社勤務。単行本に「坂東巡礼」「西国巡礼」がある。絵画やイラストでは、個展のほか、京都国立博物館のイベントなどで作品群が展示されている。

2020年に長年連れ添った妻を突然亡くし、創作活動にブランクがあったが「人生は再び始められる、いくつになっても」を新たな信念としつつ、前向きな一歩を重ねている。今日的なテーマとして「世界巡礼」に取り組む。NPO法人日本ジークレー協会会員

主な活動実績
画文集:2014年に単行本「坂東巡礼」、2017年に単行本「西国巡礼」をそれぞれ発刊。
絵画・イラスト: 1979年油彩画で朔日会入選以降、1982年に個展開催(東京銀座)、グループ展では「Horizon」(1981年)、「C9C」(2017年)などに参加。作品提供として、月刊誌表紙(2002年以降)、東京電力ポスター、関西ペイント商品画像、JTB主催イベント、京都国立博物館開催イベント(計33点)がある。
社会事業:NPO法人日本ジークレー協会設立に参加。よみうりカルチャースクールにて「巡礼講話」講師など。

2018年名古屋で開催されたイベント会場に展示された作品群

ごそうの画文集、ジークレー、美術散華の情報はこちらから